自己破産での弁護士と司法書士の違いとは

女性自己破産弁護士司法書士違い

 

自己破産は弁護士でも司法書士でも手続きすることは可能ですが、どちらに依頼した方がお得なのかということは大きな問題になってきます。

 

そこで女性が自己破産を利用することを考えた場合の弁護士と司法書士の違いについて下記で説明しているので参考にしてください。

 

自己破産での弁護士と司法書士の違い

 

弁護士と司法書士では担当できる業務が違う

 

自己破産手続きは弁護士でも司法書士でもどちらにも依頼することができますが、弁護士と司法書士とでは担当できる業務範囲が違います

 

自己破産は裁判所で手続きする債務整理方法なので、弁護士の場合は依頼者の代理人に慣れるので普通に手続きすることができますが、司法書士の場合は無理なことなので、基本的に司法書士の場合は自己破産手続きでは書類作成業務までしか担当することはできないです。

 

こういった業務の制限があることを知れば、自己破産手続きで司法書士の方が依頼費用が安いというのは納得ですよね。途中までしか手続きできないのだから依頼費用が安いのは当然です。

 

単純に依頼費用が安いということで司法書士を選んでしまうと、裁判所では自分で手続きすることになってしまうので結構面倒だと思います。

 

司法書士では少額管財事件が利用できない

 

自己破産には同時廃止、管財事件、少額管財事件という手続き方法があり、資産がまったくない人は同時廃止で手続きすることになりますが、資産がある人は管財事件か少額管財事件という手続き方法で自己破産することになります。

 

資産がある場合には資産を調査して債権者に分配する必要があるので、そのために破産管財人を選出する必要があり、その費用として予納金が必要になってきます。

 

管財事件での予納金は50万円からで少額管財事件だと20万円からになります。この少額管財事件は弁護士に手続きを依頼した場合にのみ利用できる手続き方法なので、弁護士に依頼すると予納金が30万円節約できる可能性があります。

 

逆に司法書士に自己破産手続きを依頼すると、少額管財事件を利用できないので、依頼費用が安くてもその分予納金が高額になってしまい金銭的に不利な条件で自己破産をすることになる可能性があります。

 

弁護士の方が手続きを早くすることができる

 

自己破産を弁護士に依頼すると裁判所で即日面接を利用できる可能性があります。自己破産する場合には裁判官と弁護士が面談を行い破産開始手続きをすることになります。

 

手続きを司法書士や自分で行う場合だと即日面接を利用することができないので、その分だけ余分に手続き時間が必要になってきます。

 

また弁護士に自己破産手続きを依頼しておくと、弁護士が事前に資産調査などを行ってくれるので、その分だけさらに手続き時間が短くなります。

 

利用者としては自己破産手続きが長引くのは望ましいことではないので早めに手続きが済むならそれに越したことはないと思います。

 

このように自己破産での弁護士と司法書士では手続きに大きな違いがあることがよくわかると思います。

 

基本的に弁護士に依頼しておけば手続きのほとんどを任せることができ、本人は免責審尋期日に弁護士と共に裁判所に出頭するだけなので、ほとんど何もすることなく自己破産手続きを進めてくれます。

 

逆に司法書士に手続きを依頼すると、書類作成業務は行ってくれますが、裁判所での審尋は本人が行うことになり、かなり面倒です。

 

また、司法書士に依頼すると予納金が大きくなる可能性があるので、費用の安さを理由に司法書士に自己破産手続きを依頼すると、むしろ弁護士の場合よりも総合費用で高額になってしまう可能性があるので注意が必要です。

 

もし司法書士に自己破産手続きを依頼する場合には、事前に無料相談で裁判所での予納金などを含めた手続き費用の見積もりを出してもらって判断した方がいいかもしれないですね。

私が自己破産手続きを依頼するなら弁護士

女性自己破産弁護士

 

女性が自己破産手続きで債務整理するなら、私なら弁護士に手続きを依頼した方がいいのではと考えます。

 

下記で私が自己破産を弁護士に依頼した方がいい理由にについて解説しているので、これから自己破産手続きを利用したいと思っている方は参考にしてください。

 

私が自己破産に弁護士を選ぶ理由

 

裁判所から免責を得られないと意味のない債務整理方法だから

 

自己破産を利用する人は、借金返済が厳しい状況になってしまって、これ以上返済が難しいことから手続きをすると思いますが、自己破産手続きをしたからといって、必ず借金がなくなるとは限らないです。

 

自己破産で借金返済の義務がなくなるのは裁判所から免責を得られた場合になります。つまり裁判所から免責が得られなかったら借金返済の義務が残り、全く意味のない債務整理方法になります。

 

そのため免責を得られる確率を高くするためにも、手続きのほとんどを任せることができる弁護士に依頼するのが良いと考えます。

 

司法書士の場合だと書類作成業務までなので、破産審尋や免責審尋は自分で行わなくてはならず、質問の受け答えも自分で行うことになり、免責を得るには大きな不安要素になります。

 

自己破産手続きを失敗すると他に変わりになる債務整理方法はないことから、できるだけ専門家に任せられるようにしたほうがいいです。

 

弁護士なら少額管財事件を利用できるから

 

自己破産手続きではどの手続き方法を利用できるかによって裁判所での手続き費用が大きく違ってきます。基本的には同時廃止が利用できるのが一番望ましいですが、同時廃止の利用条件は地方裁判所によって違ってくるので、資産がある場合には利用できない可能性があります。

 

車や現金がまったくないという無一文の状況なら同時廃止をほぼ確実に利用できると思いますが、そういった人はそこまで多くないと思います。

 

そのため現実的には管財事件か少額管財事件を利用することになるケースが多いです。そうなると利用者としては予納金が安い少額管財事件を利用したいと思うのは当然だと思います。

 

管財事件は50万円からですが、少額管財事件なら20万円なので、少額管財事件を利用できる弁護士は費用的にも非常に有利だと思います。

 

この30万円の差は結構大きいので、管財事件になる可能性があるなら弁護士に手続きを依頼した方が無難だと考えます。

 

弁護士の方が自己破産手続きに慣れている

 

自己破産は弁護士なら裁判所での手続きも任せることができ、予納金も少額管財事件が利用できたり、即日面接で手続きも早く済ませられる可能性があることから、弁護士に手続きを依頼する人が多いです。

 

そのため自己破産手続きに関しては司法書士よりも弁護士に依頼する人が多いです。そういった意味ではしっかりと自己破産で免責を得るための見通しやノウハウを持っているのは弁護士なのではないかと思います。

 

やはり自己破産で免責を得たいと思っている利用者からすると、まずは確実に免責を得られる見通しがある事務所を候補にしてそこから依頼する事務所を絞り込みたいところです。

 

司法書士事務所にも自己破産手続きに慣れている事務所はあると思いますが、司法書士の場合は書類作成業務までなので、裁判所で手続きすることができる弁護士とは比較することも難しいと思います。

 

自己破産を失敗されたら代わりになる債務整理方法はないので、自己破産に慣れている弁護士に任せた方がいいのではと思います。

 

自己破産手続きを弁護士と司法書士のどちらに依頼するかどうかは本人次第だと思いますが、個人的には上記のような理由で弁護士に依頼した方がいいと思っています。

 

とは言っても人によってはしっかりと自分で手続きしたいと思っている人もいると思うので、そういった人はあえて司法書士に手続きを依頼するのもいいと思います。

 

上記はあくまでも私の意見なので、もし悩んでいてどちらに依頼したらいいのか悩んでいるなら、弁護士と司法書士のそれぞれの無料相談を利用してみて、自己破産手続きについて話を聞いてみるといいと思います。

自己破産を弁護士・司法書士に依頼する前に無料相談を利用しよう!

女性自己破産弁護士無料相談

 

自己破産を弁護士と司法書士のどちらに依頼するのか悩んでいたり、どちらに依頼するか決めていても、具体的にどの弁護士事務所・司法書士事務所に依頼すればいいのか悩んでいるなら無料相談を利用して決めるといいと思います。

 

自己破産は単純に借金返済の義務がなくなるという債務整理ではなく、その大きなメリットを受けるためにいくつか大きなデメリットも発生します。

 

そのため自己破産手続き後に後悔しないためにも、手続きを依頼する前にはしっかりと事前に弁護士や司法書士などの専門家に詳しい話を聞いてから行うことが大事になってきます。

 

自己破産前の無料相談は非常に重要でいくつか聞いておいた方がいいことがあります。

 

自己破産の無料相談で確認しておきたい事

 

自己破産前の無料相談は単純に自己破産について聞くだけでなく、その弁護士事務所に自己破産手続きを依頼しても大丈夫なのかという判断の場でもあります。つまり弁護士事務所・司法書士事務所を選ぶ場にもなるということです。

 

そのため無料相談では単純に自己破産のメリットやデメリット、手続き方法などを確認するだけでなく、手続きに慣れていそうかということや相談対応なども見ておくといいです。

 

他にも自己破産の依頼費用などもしっかりと確認しておきましょう。自己破産の依頼費用については、同時廃止か管財事件か少額管財事件かによって料金が違ってくる事務所があります。

 

そのため裁判所での手続き費用などを含めて、総合的にどれくらいの料金が必要なのか事前に無料相談の際に見積もりを出してもらうといいです。

 

自己破産手続きを依頼する弁護士事務所を探す場合には、実際に弁護士の無料相談を利用して決めてもいいですが、あらかじめホームページなどを見て相談する事務所を絞り込んでおくのも良いと思います。

 

ホームページでは借金相談の相談実績の記載があり、しっかりと無料相談用のフォームが設置されていて、無料相談が利用しやすいようになっている弁護士事務所が望ましいです。

 

実績を公開していて、無料相談を利用しやすいようになっている法律事務所は自己破産などの債務整理案件に力を入れている事務所が多く、そういった事務所は自己破産手続きにも慣れているので安心感があります。

 

当サイトでは自己破産を含めた債務整理手続きに強い有名弁護士事務所・有名司法書士事務所をいくつかピックアップして載せているので、自己破産について相談先で悩んでいるなら、当サイトに載せている弁護士や司法書士の無料相談をまずは利用してはどうでしょうか。

 

女性自己破産やじるし