自己破産とは

女性自己破産

 

自己破産については名前くらいは知っている人も多いのではないでしょうか。自己破産すると借金がなくなると理解している人が多いと思います。また、自己破産すると「人生終わり」というようなネガティブなイメージを持っている人が多いですが、実際にはそんなことはないです。

 

自己破産は手続きが完了すると借金返済の必要がなくなる債務整理方法ということもあり、非常に強力な債務整理方法です。借金がなくなる代わりに持っている財産をが分配されるので、資産を没収されると理解している人は多いです。

 

また手続きは非常に難しく、簡単に手続きが完了する債務整理方法ではないです。

 

そもそも自己破産は手続きすれば借金がなくなるという債務整理方法ではなく、手続きして裁判所から免責を認められて、ようやく借金返済に義務がなくなるのです。つまり手続きしても裁判所が免責を認めなかったら借金が残ることになり、意味のない債務整理になるということです。

 

そんな自己破産には「同時廃止」「管財事件」「少額管財事件」という3つの手続き方法があります。自己破産に3つの手続き方法があるということは知らない人の方が多いのではないでしょうか?

 

同時廃止とは

 

同時廃止は借金をして自己破産の手続きを依頼した人がめぼしい資産を所有してない場合に行われる債務整理方法です。

 

自己破産では通常は破産開始手続きの開始と同時に破産管財人を選出して資産を調べて換金し、それを債権者などに分配するという手続きを行うのが普通です。

 

しかし最初から財産がないことが明白な場合には、破産管財人を選出して財産を調べても意味がないので、手続きを省略することになり、あっさりと破産手続きは完了します。

 

つまり同時廃止は処分する資産がない人が行う自己破産手続きで、手続きの一部が省略されるので手続き完了が早く、弁護士の依頼料金も安くて済みます。さらに破産管財人が必要ないので予納金なども必要なく、裁判所での費用負担も小さいです。

 

管財事件とは

 

管財事件は自己破産の一番一般的な手続き方法で、資産がある人が行う自己破産手続き方法になります。

 

同時廃止とは違い、破産開始手続きの開始と同時に破産管財人を選出して財産を調べられて、それを債権者などに分配する手続きが必要になるので、同時廃止よりも手続きが面倒です。

 

とは言っても弁護士に依頼した場合にはこちらでは特に何もすることはないので問題ないです。ただ同時廃止よりも手続きに時間がかかるということは知っておきましょう。

 

管財事件で破産管財人が選任される場合には、50万円以上の予納金が必要になってくるので、弁護士への依頼料金と裁判所に納める予納金で結構な金額を取られます。

 

まあ、資産がある人向けの自己破産手続き方法なので仕方ないといえば仕方ないですね。

 

少額管財事件とは

 

管財事件では予納金が50万円以上と高額なので、借金返済できない個人にそれだけの金額を払わせるのは酷ではないかということで作られたのが「少額管財事件」という制度です。

 

少額管財事件は個人向けの簡易的な自己破産手続き方法で、弁護士に自己破産手続きを依頼して代理人になってもらった場合に利用することができます。そのため司法書士などに自己破産手続きを依頼すると利用できないので注意しましょう。

 

個人で自己破産する場合には多くの場合で少額管財事件を利用するのが一般的です。少額管財事件だと予納金が20万円からに抑えることができるので、管財事件と比べて費用負担が大きく減ります。

 

ただ自己破産手続きを申し立てた裁判所によっては少額管財事件に対応してない裁判所もあったりするので、自己破産手続きを弁護いに依頼する前に、無料相談などで話を聞いておくといいかもしれないです。

 

個人が自己破産手続きを利用する場合には、多くの場合は同時廃止か少額管財事件を利用することになると思います。実際にどの手続きを方法を利用できるのかについては、あなたの借金状況や収入状況、資産状況によって変わってくるので、弁護士や司法書士に相談しましょう。

 

ただ上記でも説明していますが、司法書士に手続きを依頼すると少額管財事件は利用できないので、個人的には自己破産に関しては弁護士に手続きを依頼した方がいいと考えます。

 

自己破産に関しては非常に複雑な債務整理方法で色々な制限があったりするので、間違っても個人で手続きを進めようとは思わない方がいいです。

 

まずは弁護士や司法書士などの専門家に自己破産について話を聞いてから、実際に手続きを依頼するのか決めるようにしましょう。

女性が自己破産を利用するメリット

女性自己破産メリット

 

女性が自己破産する場合にどのようなメリットがあるのか説明しています。

 

女性の場合は男性とは違い浪費などによる借金よりは、離婚後の生活費や奨学金など、金額が大きい借金を抱えてしまうケースが多かったりするので、男性よりも自己破産する人は多いです。

 

また女性は仕事面でどうしても男性よりも不利な部分がまだ残っていたりするので、こういったことも女性に自己破産が多い原因につながっているのかもしれないです。

 

下記で女性が自己破産するメリットについてまとめてみたのでよかったら参考にしてください。

 

女性が自己破産を利用するメリット

 

借金返済の必要がなくなる

 

女性が自己破産を利用する一番大きなメリットは借金返済の必要がなくなるということだと思います。このメリットは債務者からしたら最高のメリットだと思います。

 

数千万円、数億円の借金があったとしても、自己破産で裁判所から免責を受けることができたら、借金返済の必要がなくなるので借金問題は一気に解決されます。

 

仕事がなくて収入がない人や、アルバイトやパートで借金返済する余裕がない人は特に利用しやすい債務整理方法で、資産がない人は同時廃止という手続き方法を利用することができるので、短い期間で依頼料金も安く手続き可能です。

 

自己破産を勧めるわけではないですが、借金返済できない経済状況に追い込まれてしまったら、生活再建のためにも自己破産は検討すべき債務整理方法だと思います。

 

全部の資産が没収されるわけではない

 

自己破産すると家にある家具や生活家電を含めて差し押さえの札を貼られて没収されるというイメージを持っている人が多いですが。それはアニメなどによって誇張された表現です。

 

実際には家具や生活家電などの生活必需品などが没収されることはないです。高額資産は没収されると思いますが、生活に必要なものは仕事道具を含めて没収されることはないので、自己破産しても実際にはあまり生活に影響はないです。

 

ちなみに賃貸でマンションやアパートを借りていたりする場合も、自己破産をしたからといって追い出されることはないです。家賃を払ってなかったら追い出される可能性はありますが、家賃をしっかりと払っているなら、自己破産をしたからといって追い出されることはないです。

 

ちなみに車は基本的に高額資産なのでローンを払い終わっている場合でも没収されるのが普通ですが、ローンを払い終わっていて車の時価が20万円を下回っている場合には高額資産とはみなされず残すことができます

 

このように自己破産しても残せる資産は結構あるので、自己破産で残せるのか気になる資産がある場合には弁護士の無料相談を利用して話を聞いてみるといいです。

 

自己破産の最大のメリットはやはり借金返済の義務がなくなるということだと思います。借金でこれまで苦労してきた人からすると、借金返済の必要がなくなるというのは何よりも嬉しいメリットだと思います。

 

また生活に必要な資産も残すことができるので、自己破産後に丸裸になって何も残らないということもないです。

 

自己破産に関してはテレビなどの影響で間違った知識をもっている人も多く、デメリットを過大評価し勘違いしている人も多いです。

 

自己破産を検討しているなら、まずは弁護士の無料相談を聞いて詳しいメリットについて話を聞くといいです。

女性が自己破産を利用するデメリット

女性自己破産デメリット

 

自己破産は裁判所から免責を認められると借金返済の必要がなくなるという究極の債務整理方法ですが、これだけ強力な債務整理方法なので当然ですがデメリットもいくつかあります。

 

自己破産手続き後に後悔しないためにも、しっかりとデメリットについては理解してから手続きをするようにしましょう。下記で女性が自己破産するデメリットについてまとめてみたのでよかったら参考にしてください。

 

女性が自己破産を利用するデメリット

 

資産が没収される

 

自己破産は借金返済の必要がなくなる債務整理方法なので、当然ですが高額資産は没収されることになります。まあ、これは仕方ないですよね。

 

高額資産を持ったままで自己破産できてしまったら、借金を踏み倒す人が続出してしまいますからね。そのため資産が没収されるのは仕方のないことだと思います。

 

しかし、資産が没収されるとは言っても、あくまでも高額資産なので、生活に必要な家電や家具などは普通に残すことができるので、実際にはそこまで生活に影響がでないケースがほとんどです。

 

実際には自己破産しても生活環境が全く変わらないという人は多いです。

 

資格や職業制限がある

 

自己破産では資格や職業制限があります。とは言ってもあくまでも自己破産手続き中のみのことなので、自己破産の手続きが完了すれば資格や職業制限は解除されます

 

具体的には弁護士、司法書士、行政書士、公認会計士、税理士、質屋、古物商、生命保険外交員、宅地建物取引主任者、警備員等の仕事には自己破産手続き中は就けないので注意しましょう。

 

自己破産手続きが終われば復職することができますが、自己は破産手続きには数カ月くらいの期間は必要になってくるので、その間、仕事をどうするのか事前に考えておくといいです。

 

免責が認められない場合がある

 

自己破産すれば借金返済の必要がなくなると無条件で信じている人がいますが、あくまでも裁判所で免責が認められて、ようやく返済の必要がなくなるのです。

 

つまり裁判所が免責を認めなかったら、自己破産しても借金がそのまま残るということになります。これは最悪なケースです。

 

自己破産に関しては借金理由によっては免責を得られない可能性もあるので注意が必要です。具体的には浪費やギャンブル、投資などの借金理由です。とは言っても状況によっては免責が認められるケースもあるので、そのあたりは弁護士に相談するといいと思います。

 

他には資産を隠したり、不正な記載をしたりなど手続き面のことで免責を得られないことがあります。そのため自己破産手続きを依頼する弁護士は経験豊富で手続きに慣れている弁護士に依頼するといいです。

 

保証人に迷惑がかかる

 

自己破産すると、自己破産した人は借金返済の義務がなくなりますが、もし連帯保証人などの保証人が設定されている場合には、その人に借金返済の督促が行くようになります。

 

そのため自己破産すると連帯保証人などの保証人に迷惑がかかることになります。

 

自己破産は任意整理などとは違って、債務整理対象する借金を選ぶことはできないので、全ての借金が債務整理の対象になってしまいます。そのため保証人付きの借金だけを回避するという方法はないです。

 

そのため自己破産をする際に、連帯保証人が設定されている借金がある場合には、事前にその方に事情を話しておいたほうがいいです。

 

自己破産はメリットの大きい債務整理方法ですが、高額資産が没収されたり、資格や職業制限があったり、保証人に迷惑がかかるなど複数のデメリットがあります。

 

とは言っても、職業や資格制限については該当する人はごく一部の人ですし、高額資産については、そのような資産がある場合には多くの場合すでに処分していると思うので大きなデメリットではないと思います。

 

個人的に大きなデメリットだと思うのが、保証人に迷惑がかかるということだと思います。実際に親族が保証人になっているので、自己破産したくても自己破産できないという人は少なくないです。

 

こういった事情も含めて、借金返済で困っているなら弁護士の無料相談を利用して、借金問題解決方法について話を聞いてみるといいと思います。

女性が自己破産手続きするなら弁護士の無料相談を利用しよう!

女性自己破産無料相談

 

女性で自己破産手続きを検討する場合に最初にすべきことは弁護士への相談です。

 

自己破産手続きについては弁護士や司法書士に依頼しないといけないという決まりはないですが、現実的に考えて、個人が自己破産手続きをするというのは難しいです。

 

「自分でやった方が安い」と言って自分でやろうと考える人もいるかもしれないですが、私は「失敗したらどうするの?」と言いたいですね。自己破産を失敗したら代わりになる債務整理方法はないです。そのため借金の時効を待つという、かなり厳しい方法を選択せざる得なくなる可能性もあります。

 

弁護士などに依頼すればこのように自己破産を失敗される可能性はほとんどないですが、素人が手続きしたら十分に失敗の可能性はあるので止めておいた方がいいです。

 

では自己破産を弁護士に依頼する場合には、どのようにして相談する弁護士を探せばいいのでしょうか?

 

自己破産を相談するならネットで経験豊富な弁護士を探して相談しよう!

 

近場に自己破産手続きに強い弁護士事務所があれば、その事務所の無料相談を利用すればいいですが、普通はそんなに都合よく近くに自己破産に強い弁護士事務所はないです。

 

そのため普通はネットで債務整理の無料相談をやっている弁護士事務所を探して相談するのが普通です。まずはネットからメールや電話で気軽に借金問題について相談して、そから自己破産を利用するかどうか決めるといいです。

 

最近では全国対応で債務整理などの自己破産手続きを行っている弁護士事務所が出てきているので、こういった全国対応の事務所を選んで相談するといいです。

 

地元に自己破産に対応している弁護士事務所があるケースもありますが、安易に手続きを依頼するのは止めておいたほうがいいです。無料相談を利用して信頼できると思ったら依頼してもいいですが、事前にしっかりと経験や実績を確認しておくのを忘れないようにしましょう。

 

自己破産に対応していたもその事務所が自己破産手続きに慣れているかは別です。弁護士事務所の中にも自己破産に慣れてない事務所もあるので、そういった事務所に依頼すると失敗される可能性があります。

 

自己破産は代わりのない債務整理方法なので失敗されたら最悪です。そのため自己破産については、とにかく手続きを失敗されないような経験と実績のある事務所に依頼するのが重要です。

 

具体的には借金相談専用のホームページを開設していて、そこに相談実績や無料相談フォームなどが設置されていて、借金相談しやすい環境を整えている事務所が望ましいです。そういった事務所は自己破産の相談も多いので、手続き経験豊富な事務所が多いです。

 

もし弁護士事務所選びで悩んでいるなら当サイトのランキングにある弁護士事務所の無料相談を利用するといいです。

 

当サイトのランキングにある弁護士事務所は、女性専用の借金相談窓口や女性が借金相談しやすいような環境を整えている法律事務所を中心に載せているので参考になると思います。

 

無料相談を利用したからといって自己破産手続きを依頼しなくてはいけないということはないので、気軽に無料相談を活用してください。

 

女性自己破産やじるし