弁護士と司法書士はどう違うの?

任意整理弁護士司法書士違い

 

女性が任意整理を依頼する場合に最初に悩むのが、弁護士と司法書士のどちらに借金相談すればいいのかということだと思います。

 

任意整理については弁護士でも司法書士でも手続きを受け付けているので、債務整理について詳しくない人は「どっちも同じ」と思っている人も少なくないです。

 

弁護士と司法書士はどちらも法律に関係する業務を行っているという共通点がありますが、司法書士の方が業務に制限があると思っておくといいです。

 

ではそもそも弁護士と司法書士ではどのような違いがあるのでしょうか?

 

弁護士について

 

弁護士は司法試験に合格して最高裁判所の司法研修所を卒業して弁護士会に登録した人たちをいいです。法律の専門家として、弁護士や裁判官、検察官など法律家として高度な仕事を担当する人たちが多いです。

 

弁護士は法的手続き全般を担当することができ、裁判所などでは依頼人の代理人になって交渉することもあり、法律事務はもちろんですが、裁判での訴訟対応なども任せることができる法律の万能職という感じです。

 

司法書士について

 

司法書士は法務省が行っている司法書士試験に合格して司法書士会に登録した人たちのことをいいます。司法書士はその前のとおり登記などの法律事務の仕事を主に担当することが多いです。

 

そのため裁判所や検察庁、法務省などに提出する書類を作成する弁護士の補佐のようなイメージでしょうかね。弁護士と決定的に違うのは弁護士のように依頼人の代理人になることができないということです。そのため訴訟対応などを担当することはできないです。

 

弁護士と司法書士の特徴について簡単にまとめてみましたが、任意整理手続きでの弁護士と司法書士の違いについては、私の感覚だと弁護士の下位互換が司法書士という感じがします。

 

任意整理は裁判所での手続きがない債務整理方法なので、弁護士と司法書士でそこまで大きな担当手続きの範囲が違うということはないですが、司法書士の場合はいくつか違いがあります。

任意整理手続きでは司法書士にいくつか制限がある

任意整理司法書士制限

 

任意整理については普通は弁護士でも司法書士でも手続きを依頼することができますが、司法書士の場合は借金状況によっては手続きを依頼できない可能性があることを知っておく必要があります。

 

任意整理での司法書士の手続き上の制限にして下記でまとめたので参考にしてください。

 

司法書士の任意整理手続きでの制限

 

司法書士は140万円を超える借金整理を担当できない

 

司法書士に任意整理を依頼する場合に意外と140万円までの借金しか担当することができないということを知らない人は多いです。

 

この140万円というのは債権者1件あたりの借金額に対してです。つまり借金の総額が140万円までというわけではないので誤解しないようにしましょう。

 

つまり借金総額が200万円でA社から100万円、B社から100万をそれぞれ借入していたとします。この場合はそれぞれ債権者1件あたりが100万円なので制限の140万円以下ということで司法書士は担当することができます。

 

この140万円の制限は過払い金返還請求でも同じです。

 

任意整理や過払い金の手続き費用は弁護士よりも司法書士の方が安いですが、借金額が債権者1件当たり140万円を超えていることが最初からわかっている場合には司法書士では弁護士に相談した方がいいです。

 

裁判になった時に対応できない

 

任意整理の交渉で相手が強硬な場合には、交渉の中で相手が借金返済を求めて裁判を起こしてくる場合があります。

 

司法書士の場合は簡易裁判所までなら訴訟代理権がありますが、簡易裁判所で決着がつかず相手が控訴して地方裁判所に判決がゆだねられることになると、司法書士では対応することができず、弁護士に訴訟対応を依頼することになります。

 

任意整理に強い司法書士事務所なら裁判になるまで交渉がもつれる可能性は小さいと思いますが、交渉に慣れてない司法書士に担当されると最悪の場合、このように裁判になって、司法書士では対応できなくなることもあります。

 

そうなると弁護士に依頼することになり費用は結構な額になってしまい、それなら最初から弁護士に手続きを依頼しておけばよかったということになりかねないです。

 

任意整理ではこのように司法書士にいくつかの制限があります。ただ依頼料金自体はその分だけ司法書士の方が安いです。

 

安定を求めるなら弁護士ですが、依頼料金の安さでは司法書士です。このあたりは依頼する人の好みによると思います。

 

とは言っても、借金問題を抱えている人からすると依頼料金の安さは魅力的だと思います。そのため140万円制限に引っ掛からないなら司法書士の利用を検討してもいいと思います。

任意整理を司法書士に依頼するなら経験実績を重視しよう!

任意整理司法書士相談

 

任意整理に関して司法書士は上記のように140万円の制限や裁判になった時に対応できない可能性があるということは説明しましたが、それ以外には弁護士とそこまで大きな違いはないです。

 

任意整理に関しては司法書士の方が安いので利用者としては、そこまで大きな違いがないなら利用料金の安い司法書士に依頼したいというニーズは多いです。

 

そのため司法書士事務所は債務整理の中でも任意整理を重視して力を入れている事務所が多かったりします。その分だけ任意整理での競争は激しいので経験豊富な司法書士は探せば結構います。

 

任意整理対応の司法書士を探す場合にはとにかく経験重視で料金はその次という感じで選びましょう!

 

任意整理は経験重視で司法書士を選ぶのが基本!

 

任意整理に関しては金融業者との交渉によって借金減額条件が変わってくる債務整理方法なので、経験豊富な交渉実績のある司法書士が担当してくれれば有利な条件で任意整理できる可能性があります。また交渉が上手なら訴訟になる可能性も小さくなります

 

任意整理は借金減額幅があらかじめ決まっている債務整理方法ではないので、司法書士の実力がダイレクトに返済条件に影響してきます。そのため経験が重要というのは納得できると思います。

 

経験の浅い司法書士に依頼してこちらにあまり有利でない条件で合意しても意味はないです。また経験が浅い司法書士の場合だと交渉に失敗して訴訟になる可能性もあり、そうなると余計に費用がかかります。

 

費用をケチって経験や実績のよくわからない司法書士に手続きを依頼すると手続き後に後悔することになる可能性があるので注意が必要です。

 

借金で困っている人は、とにかく安い司法書士事務所を選びがちですが、安すぎる司法書士事務所の中には依頼が来ないので安くしている経験に乏しい司法書士がいることを忘れてはいけません。また中には詐欺業者も含まれている可能性もあり注意が必要です。

 

任意整理に関してはそこまで手続きについて司法書士ごとに大きな違いはないので、ある程度の料金相場があります。当サイトでの任意整理の料金相場を載せているので参考にしてください。

 

また当サイトでは任意整理を含めた債務整理手続きに強い弁護士・司法書士をランキング形式で載せているので参考にしてくください。

 

女性任意整理やじるし