母子家庭・シングルマザーで借金返済に困る人は多い

母子家庭・シングルマザー借金返済困る

 

母子家庭やシングルマザーの家庭は増えており、そのための手当てなども増えてきていますが、それでも母子家庭やシングルマザーの経済状況が充実しているとは言い難いです。

 

離婚する際に子供の親権を取れる可能性は女性の方が高いですが、離婚後に生活苦に陥ってしまう家は少なくないです。そこには現代ならではの理由がいくつかあります。

 

母子家庭・シングルマザーが借金苦に陥る理由

 

子供が小さいと正社員になるのが難しい

 

おそらく一番大きな原因は子供が小さいと働ける時間が限定されたりするので正社員として働くのが難しいという理由が一番大きいのではないかと思います。

 

特に都心とかだと待機児童問題などもあり、保育園に入れるのでさえ苦労する状況なので、正社員として働きたい状況なのにパート収入で生活費を賄っているという家庭は少なくないです。

 

さらに女性は結婚を機に一時的に仕事を離れる人も多いので、仕事へのブランクなどもあり、どうしても仕事探しで不利になってしまいます。さらに勤務先も長時間勤務や不規則勤務は難しいことから制限がでてきてしまいます。

 

こうしたそもそもの収入が少ない状況だと、ちょっとした出費によって借金することになり、それが常態化してしまい借金苦という状況に陥ってしまいます。

 

生活保護を申請しづらい

 

お金がなくて生活するのが難しい状況になっているなら生活保護を申請してはどうかという話にもなりますが、生活保護を利用する際には全ての親戚に連絡がいくということがネックになっている場合が多いです。

 

また別れた旦那さんにも連絡が行くことから、離婚した理由によってはそのことが理由で生活保護が申請できない家庭も少なくないです。

 

生活保護を利用する条件の影響で生活保護を申請することができず、借金を重ねてしまって借金苦になってしまうという状況は珍しくないです。

 

旦那が養育費を払わない

 

離婚後に旦那からの養育費を生活のあてにしている女性も少なくないと思います。しっかりと安定した仕事を持っている旦那さんならしっかりと養育費を支払ってくれると思われますが、仕事が安定してない旦那さんだと養育費が途中から支払われなくなることが多いです。

 

裁判所を介して離婚して養育費の支払いが決まっている場合には強制執行によって養育費を取れる可能性がありますが、それはあくまでも相手の所在や働いている場所、預貯金の口座などが分かっている場合です。

 

もし元旦那が行方知れずで、働いている場所すらわからないような状況だと強制執行のやりようがないです。また旦那が無職でそもそも収入や資産がない状況だと養育費の取りようがないです。

 

旦那が安定した仕事をしているならよいですが、経済的に問題がある場合には途中から養育費をもらえず、その影響で借金することになるケースもあります。

 

このように母子家庭やシングルマザーの場合は経済的に厳しくなる条件がそろっているので、どうしても生活費を借金で賄わざるえない状況になってしまうケースが少なくないです。

 

特に子供が小学校に入るまではどうしても仕事に制限がでてきてしまうので、それまでは借金が増えてしまい精神的にしんどい思いをする母子家庭やシングルマザーは多いです。

母子家庭・シングルマザーの手当ては条件が細かく厳しい!

母子家庭・シングルマザー借金手当

 

母子家庭・シングルマザーのための手当もいくつかりますが、利用する際の条件などが厳しかったり、市区町村や都道府県によって手当の内容が違ったりするので一概に全て利用できるわけではないということを知っておきましょう。

 

母子家庭をお金の面から支援する制度として国から低金利でお金を貸してもらえる「母子・寡婦福祉資金貸付金」という制度については便利なので知っておくといいかもしれないですね。

 

母子・寡婦福祉資金貸付金とは?

 

母子・寡婦福祉資金貸付金はひとり家庭で就労や子供の就学などの資金が必要になった時などに都道府県や市区町村からお金を貸してもらえるという制度です。

 

母子・寡婦福祉資金貸付金は以前は連帯保証人が必要だったのですが、母子家庭に連帯保証人を求めるのは厳しいということで、連帯保証人がない家庭にも貸し付けが認められています。ただその場合は若干金利が高くなるようです。

 

それでも消費者金融から借りるよりお得なので、むやみに消費者金融に頼るくらいならこういった公的機関から借りることを検討するといいと思います。

 

また母子・寡婦福祉資金貸付金は公的な貸付制度なので、審査に1ヵ月くらいは必要になるということは知っておきましょう。

 

急にお金が必要になるような場合には利用しにくい貸付制度ですが、あらかじめ費用が必要だということが分かっているような就学などの費用を借りるのには便利な制度なので知っておくといいです。

 

最終的には生活保護という方法もありますが、やはり親戚などに連絡がいってしまうことや、元旦那に知られることなどを理由に利用しにくいと感じている人も少なくないと思います。

 

また生活保護を受ける場合には借金があると利用できない場合もあります。

 

生活保護は借金があると利用できない?

 

生活保護を受ける場合に生活に困窮している方が審査に通りやすいと思っている人が多く、むしろ借金があった方が審査に通りやすいと勘違いしている人は多いです。

 

借金がある方がむしろ生活保護の審査では不利になります。その理由は生活保護費が借金返済に利用できないという背景があります。

 

借金がある人が生活保護を受けると、その生活保護費から借金返済しようとするのが普通だと思います。しかし生活保護費が借金返済に利用されたら、金融業者は喜んで債務者に生活保護を受けさせようとしますよね。つまり生活保護を利用した貧困ビジネスが成立するようになります。

 

そのため生活保護を利用する場合には事前に自己破産などの債務整理で借金を整理してからというのが普通です。

 

借金があると必ず生活保護を受けられないというわけではないと思いますが、生活保護の趣旨から生活保護費から借金返済するのが問題あるとされているので審査に影響が出ると可能性があるということは知っておきましょう。

母子家庭・シングルマザーで借金問題があるなら債務整理を考えよう

母子家庭・シングルマザー借金債務整理

 

母子家庭・シングルマザーで借金返済できない状況に追い込まれてしまっている場合には債務整理手続きによって借金を減額してもらったり、借金返済の義務をなくしてもらうのが一番現実的に解決方法でです。

 

実際に母子家庭やシングルマザーで債務整理手続きをして経済的に立ち直った人は多いです。

 

債務整理にはいくつかの種類があり、経済状況や収入状況によって適切な債務整理方法が違ってくるので知っておくといいです。

 

母子家庭・シングルマザーの債務整理方法別の利用法

 

母子家庭・シングルマザーの任意整理利用について

 

任意整理は債務整理手続きの中でも一番依頼費用が安く手軽に利用できる債務整理方法で、借金理由も問われないので一般的に一番利用されている債務整理方法です。

 

任意整理は借金返済の負担が軽くなれば完済することができる人が利用すると良い債務整理方法で、比較的借金額が大きくなくて仕事がある人向けの債務整理方法になります。

 

子供が小学生になって正社員で働き始めたけど、その前までの借金が負担が大きくて生活が厳しいなどのような、ある程度収入はあるけど返済が厳しいという人向けの債務整理方法になります。

 

母子家庭・シングルマザーの個人再生利用について

 

個人再生は任意整理よりも借金減額幅が大きい債務整理方法ですが、裁判所での手続きがあるので若干費用が高額で敷居が高い債務整理方法です。

 

ちょうど任意整理と自己破産の中間のような債務整理方法でしょうかね。個人再生は借金減額幅が大きい債務整理方法なので、借金額が大きい人向けの債務整理方法です。

 

具体的には、働いているけど借金額が大き過ぎて払える見込みがないが、自己破産はしたくないという人向けの方法です。ただ減額幅が大きいですが自己破産のように借金返済の義務がなくなるというわけではないので、安定した収入がある人向けの債務整理方法です。

 

母子家庭・シングルマザーの自己破産

 

自己破産は裁判所で手続きする債務整理方法で、裁判所によって免責が認めれると借金返済の義務がなくなるので事実上借金が0円になるような債務整理方法になります。

 

母子家庭でどんなに借金があったとしても自己破産すると借金返済の義務がなくなるので、生活の立て直しには最上の債務整理方法になります。

 

そのため母子家庭で仕事がない場合や、パートやアルバイトで収入が低く生活費の捻出が難しい場合に利用検討するといい債務整理方法になります。

 

仕事がない場合には、自己破産後に生活保護を申請すると、生活保護の申請が借金がある場合よりも通りやすくなると思うので、生活再建のために検討したい債務整理方法です。

 

借金問題を抱えていて返済が難しい状況になっているなら債務整理は非常に頼りになる手続き方法だと思います。

 

仕事がある人でも仕事ない人でも利用を検討するといい手続き方法で、借金の督促などで困っている場合には十分に検討する価値はあると思います。

債務整理するなら弁護士・司法書士の無料相談を利用しよう!

母子家庭・シングルマザー債務整理無料相談

 

母子家庭・シングルマザーが債務整理を利用する場合には弁護士や司法書士に手続きを依頼するのが普通です。

 

債務整理手続きは法律知識があれば自分で行うことも可能ですが、母子家庭・シングルマザーのような仕事や家事に忙しい人の場合には弁護士や司法書士に手続きを依頼するのが合理的だと思います。

 

また弁護士や司法書士に手続きを依頼すれば、借金の取り立てが最短で即日ストップされるので、借金の督促で精神的に困っている場合にも利用検討するといいと思います。

 

債務整理手続きに関しては全国対応で手続きや借金相談を受け付けている弁護士事務所や司法書士事務所があり、そういった事務所の多くは借金問題に関して無料相談を行っています。

 

弁護士や司法書士などの法律事務所での法律相談は普通なら相談料が必要なのですが、借金案件に関してはお金に困っている人が利用するということで無料で対応している事務所が多いです。

 

女性の借金相談に特化している弁護士事務所・司法書士事務所もある

 

母子家庭・シングルマザーなどの女性は世間の目などもあってなかなか借金問題を弁護士や司法書士に相談しにくいと感じている人も多く、借金があっても誰にも相談せずに抱え込んでしまう方も少なくないですが、近年は女性が相談しやすいように配慮している事務所も増えてきています。

 

借金問題に強い女性弁護士が対応してくれたり、メールや電話で気軽に相談できるようにしたりして、近年は女性からの借金相談も珍しくなく、母子家庭・シングルマザーも債務整理を利用する人が増えています。

 

母子家庭・シングルマザーの場合は地元の弁護士事務所や司法書士事務所に相談するのに世間の目が気になるということで、地元の法律事務所に相談せずに、あえて全国対応の法律事務所に相談するケースも少なくないようです。

 

都会や人口の多い地域なら問題ないと思いますが、郊外の地域だと確かに人の目が気になる場合もあったりするので、全国対応の法律事務所に相談するのは良いと思います。

 

また全国対応の有名弁護士事務所や有名司法書士事務所は債務整理や借金問題の相談が多いので、母子家庭・シングルマザーなどの借金問題も数多く解決してきており頼りになります。

 

さらに全国対応の有名弁護士事務所や有名司法書士事務所は無料相談を回数制限なしで行っていたり、無料で出張相談を行っていたりしてサービスが非常に優れています。

 

当サイトでは母子家庭・シングルマザーなどの女性の借金問題に強い有名弁護士事務所や有名司法書士事務所をランキング形式で比較しているのでよかったら参考にしてください。

 

女性債務整理やじるし