専業主婦が借金する理由とは?

専業主婦借金理由

 

専業主婦が多重債務の結果、カードローンなどの借金返済が追いつかなくなってしまって債務整理をによって借金を整理するこということは珍しいことではないです。

 

専業主婦は家事によってお金が入るということはないので、お金の管理の仕方によってはいつのまにか借金を抱えてしまうことも少なくないです。またお金に堅実な人も状況によっては借金を抱えてしまうこともあるので他人事ではないと思います。

 

では具体的に専業主婦はどのような理由で借金を抱えてしまうことが多いのでしょうか?

 

専業主婦が借金する理由として多いのは?

 

趣味や旅行などの浪費

 

専業主婦の借金で多いのは趣味や旅行などの娯楽に使った際の浪費による借金です。ある意味では王道の借金という感じがしますが、浪費による借金はおそらく専業主婦の借金理由でも一番多いと思います。

 

子供が小さい時は育児で忙しいのでそこまで浪費する機会はないかもしれないですが、子供が小学校にあがると急に暇な時間が増えてしまい、その時間を埋めるために趣味を持つようになり、その趣味にのめり込んでしまい借金をするというケースがあるようです。

 

またPTAなど子供関係で関わりを持つ専業主婦仲間も増えて、交流のために旅行などのレジャーに行くこともあり、ママ友との付き合いのための交際費も増えたりして懐事情が厳しくなり借金するケースもあります。

 

生活費のための借金

 

共働きが当たり前の時代になったので、夫婦2人で家計を支えてた時は問題ないですが、子供ができて妻が働けなくなると、その分だけ収入が少なくなるので、それまでの生活費では生活することができなくなってしまい、そのために借金でそれを補てんするという主婦は少なくないです。

 

最初は生活費のために少額借金をしていたけど、なかなか生活改善のめどがたたず、生活費を借金でまかなうのが当たり前になり、最終的には利息を払うのも困難になり債務整理するというケースがあります。

 

共働きから急に収入状況が変わってしまい、それまでの生活ランクを変えることがなかなかできずに借金生活になる場合も多いので注意しましょう。

 

また生活費が足りないことを夫に相談することができず、借金するケースも多いです。妻としては給料が少なくて生活できないことを夫に伝えるのはプライドを傷つけることになるかもしれないので、言い出しづらいと感じる妻は多いです。

 

ただこうした生活費不足は簡単に解消できるものではないので、どうしても借金が長期化する傾向があります。

 

在宅副業に手を出して借金

 

最近多いのが在宅副業に手を出してしまって借金をしてしまうというケースです。

 

年功序列賃金が崩壊してしまってなかなか給料が上がらない時代になったということもあり、共働きが当たり前の時代になっていますが、子供が小さい場合だとなかなかパートに出ることができないという状況の妻は多いです。

 

そのため自宅でできる在宅副業をやろうとする人が多いです。ただこうした在宅副業には初期投資名目で最初に費用が必要になったりして、その結果、その費用を回収することができず借金になってしまうということがあります。

 

夫の収入が少ないので少しでも家計の足しになればと思ってやった結果逆に借金を作ってしまったということもあり、夫にも相談できずに悩む妻も少なくないです。

 

医療費・介護費・教育費 etc

 

医療費や介護費もかなり切実な問題で、昔は給料が年功序列で上昇してきたので、親の体が不自由になる頃にはある程度、夫婦の収入も高額になってきて、ある程度まかなうことができていました。

 

しかしそういった時代ではなくなって、長年不景気で給料が上がらない時期が長かったために貯金がなく親の生活を支えられない夫婦は多く、親の入院費や介護費のために借金してそれらの費用をねん出する家庭は少なくないです。

 

他にも子供の教育費も大きなネックです。最近では幼児教育が活発になってきており、他の子供に後れを取らないように小さい時からお金をかけて教育する親が増えています。こうした教育費も大きな負担です。

 

他にも引っ越し費用や友人の結婚式のご祝儀、葬式の香典など色々なところで費用が発生し、その費用を賄えなくて借金するケースがあります。

 

専業主婦は自分で稼ぐことが難しいので、少ない借金だったとしてもなかなか返済をしていくことができず、いつの間にか雪だるま式に借金が増えてしまったということは良くあります。

 

また自分で勝手にしてしまった借金の場合だと、なかなか夫に相談することができず、どんどん借金状況が悪化してしまうのも主婦の借金の厄介なところだと思います。

 

ただどうしても借金が返済できない状況に追い込まれてしまった場合には、弁護士や司法書士に債務整理をお願いして借金を整理するという方法もあります。

専業主婦が債務整理する場合の注意点

専業主婦債務整理注意点

 

債務整理を利用すれば借金問題を解決することができ、借金状況によって任意整理、個人再生、自己破産という債務整理方法を選んで手続きしてもらうことになります。

 

ただ専業主婦が債務整理を利用する場合にはいくつか知っておいた方がいい注意点があります。何も知らずに債務整理すると後悔することもあるので、下記の専業主の債務整理での注意点を参考にしてください。

 

専業主婦が債務整理する場合の注意点

 

債務整理による夫や子供の会社や学校への影響とは

 

任意整理、個人再生、自己破産と債務整理方法に限らず、債務整理手続きをすると金融業者が共有している信用情報にブラックリストして掲載されてしまい、債務整理後しばらくはクレジットカードやローンが組めなくなってしまいます

 

そのため当然ですが借金の保証人等にもなれないことになります。そうなると子供が奨学金を利用する場合に親が保証人になれないということもありえます。

 

ただ債務整理はその人個人の問題なので、夫や子供の信用情報に何か影響が出るということはないので、夫名義のローンやクレジットカードなどに影響が出る心配はないです。

 

また妻が債務整理したからと言って、夫の会社や子供の学校に連絡がいったりして影響が出ることもないです。

 

しかし妻個人の名義でクレジットカードやローン、保証人などにはある程度の期間影響が出るとということは知っておきましょう。

 

債務整理後に家を購入する場合に影響が出るかも

 

債務整理をすると信用情報機関にブラックリストとして掲載されるのでローン審査や保証人審査に影響がでるというのは上記でも説明しています。

 

家を購入する場合には住宅ローンを組んで購入することが多いと思いますが、その際に夫名義で住宅ローンを組む家庭が多いと思います。この際に夫は債務整理してないので住宅ローンを組むことができますが、その際に保証人を求められると思います。

 

しかし妻が債務整理をしていると保証人になることができないので、別の人に住宅ローンの保証人を頼むことになります。

 

また住宅ローンに関しては審査が厳しいので、妻が債務整理をしている状況だと夫の住宅ローン審査に影響が出る可能性があるかもしれないことも知っておきましょう。このあたりはローン会社によって対応が違うので一概には判断できないです。

 

債務整理方法によっては家を差し押さえられる場合がある

 

家の名義が夫だけの場合なら妻がどの債務整理方法を利用したとしても問題ないですが、家の名義が妻名義だったり、共有名義だったりする場合には、自己破産による債務整理手続きを行うと、家が高額資産とみなされてしまい差し押さえ対象になる可能性があります。

 

そのためもし家の名義に妻の名前がある場合には、夫に妻名義部分を買い取ってもらったり対策をする必要があります。

 

または任意整理などの持ち家に影響がない債務整理方法を利用して借金整理するという方法もあります。

 

妻名義のクレジットカードを普段の生活で使っている場合は注意!

 

債務整理で借金整理するとクレジットカードがしばらくの間使えなくなるので、もしも妻名義のクレジットカードで、公共料金や家賃などを払っている場合には注意が必要です。

 

そのまま妻のクレジットカードを利用しているとクレジットカードが停止した際に料金を滞納してしまうことになるので、事前に支払先を変えておく必要があります。

 

ちなみに銀行口座からの引き落としの場合は問題ないので、クレジットカードで払っている場合に注意するようにしましょう。

 

子供の奨学金の連帯保証人になれない

 

債務整理をすると奨学金を子供が申し込んだ際に連帯保証人になることができないため、子供の教育に影響が出てしまう可能性があることは知っておきましょう。

 

債務整理方法によって影響が出る期間が違ってくるので、子供が小さい時に債務整理をしたようなケースなら、すでに信用情報機関のブラックリストから解除されている可能性があるので、連帯保証人になれる可能性はあります。

 

ただ、近年は奨学金による債務整理なども珍しくないので、あえて親が奨学金の連帯保証人にならず、機関保証に連帯保証人になってもらうというケースもあります。

 

そのため親が連帯保証人になれないような場合は機関保証を利用するというのも一つの方法だと思います。

 

専業主婦が債務整理をする場合には、信用情報がブラックリストに掲載されることでクレジットカードやローンが組めなくなることや、連帯保証人などの保証人になれなくなるということを知っておく必要があります。

 

ただ信用情報は一定期間すると回復するので、ずっとクレジットカードが利用できなかったり、ローンが組めなかったり保証人になれないわけではないので安心してください。

 

また債務整理方法によっては妻名義の資産が差し押さえられることもあり得るので、債務整理前に妻名義の資産を確認してどのような資産に影響が出るのか確認してから債務整理を考えるといいです。

債務整理をすると夫に借金がバレるのか?

専業主婦債務整理夫に借金バレる

 

専業主婦が大きな借金を抱えてしまった場合の解決方法は債務整理しかないと思います。

 

夫に借金問題を相談することができれば、夫に借金問題解決の助力をお願いすることができますが、借金理由が浪費や生活費などのような場合には相談しにくいと感じる妻も多いです。

 

そのため自分で借金問題を解決するために債務整理を検討する必要があります。

 

ただ債務整理手続きをすると夫に借金がバレるのではないかと不安にある人もいます。しかし債務整理方法によってはバレにくい方法があるので検討するといいと思います。

 

夫に一番バレにくい債務整理方法は任意整理

 

夫にできるだけバレないように債務整理したいという場合には任意整理を利用するのが一番いいと思います。個人再生や自己破産は裁判所が関わる債務整理方法で、妻名義の資産が差し押さえられたり可能性があることから夫にバレる可能性が高いです。またこの2つの債務整理方法は手続き期間も長いという特徴があります。

 

しかし任意整理の場合は弁護士や司法書士が債権者と交渉して返済条件を見直してもらうという債務整理方法なので、手続きに関わる人が少なくバレにくい債務整理方法です。

 

また、自己破産などの債務整理のように資産が差し押さえられる心配もないので、夫に一番バレにくい債務整理方法だと思います。

 

実際に専業主婦が夫に秘密で債務整理する場合には任意整理を利用するこ人が多く、法律事務所の方でも夫にバレないように連絡方法に配慮してくれたりする事務所もあります。

 

依頼費用も任意整理が一番安いこともあり、専業主婦が債務整理を利用する場合には一番の候補になる手続き方法だと思います。

 

ただ任意整理をしたとしても、手続き後にはクレジットカードやローンが一定期間利用できなくなるなどのデメリットがあるので、そういったところからバレることも考慮する必要があります。

 

また借金額が大きくて、任意整理では返済が難しい状況になっているような場合は、個人再生や自己破産を検討することになり、そのような状況の場合には言いにくいかもしれないですが、夫に借金のことを相談して自己破産や個人再生を考えていることを相談しておくといいです。

 

実際に債務整理を利用する場合にどの債務整理方法が最適なのかということは、自分で判断するよりは、専門家である弁護士や司法書士に相談した方がいいか確実です。

夫に内緒の借金があるなら弁護士や司法書士に相談しよう!

専業主婦夫に内緒で債務整理無料相談

 

専業主婦の借金理由の多くが、浪費や生活費による借金です。

 

特に浪費による借金の割合は多く、夫が働いている間に浪費で借金を作ってしまったということが発覚すると、夫から責められるのは当然で、今後家計は夫が握ることになり、家での立場がなくなってしまいます。また最悪の場合は離婚することになる可能性もあります。

 

生活費による借金の場合はある意味では仕方ないかもしれないですが、夫に「生活費が足りない」というのはなかなか抵抗があります。また生活費が足りないと言って生活費が増えるならいいですが、元々収入が少ない場合は夫を責める言葉になるだけなので逆に夫にプレッシャーになります。

 

そのため夫に内緒で借金問題を解決する方法はないかと考える妻は多いです。しかし自分だけで借金問題を抱えていても問題は解決しないので誰かに相談する必要があります

 

借金問題は専門家である弁護士や司法書士に相談しよう!

 

借金問題についてはなかなか相談相手がいなくて一人で抱え込んでしまって苦しんでいる人が多いです。また夫に借金がバレないようにするために苦心している妻も多く、ストレスも大きくなっていきます。

 

そのため夫に知られなくない借金がある場合にはできるだけ早めに弁護士や司法書士などの専門家に相談することが重要になってきます。

 

弁護士や司法書士は専業主婦からの借金相談にも慣れており、夫に内緒で債務整理手続きしてほしいという相談は多いので、こういった妻の借金問題に関する事例に強いです。借金問題は悩んでいても簡単に解決することができるものではないので、話を聞くだけでも参考になると思います。

 

借金問題に関して無料相談を行っている弁護士事務所や司法書士事務所もあるので、最初は無料相談対応の弁護士事務所や司法書士事務所に相談するといいです。

 

専業主婦の借金問題は悩んで対応が遅れていくと、どんどん借金状況が悪化してしまい、金額が大きくなってしまうと、自己破産などのリスクのある債務整理方法を利用せざる得なくなってしまう可能性があり、そうなると夫にも相談する必要がでてくるので早めの相談が重要です。

 

早めに弁護士や司法書士に相談しておけば、任意整理という夫にバレずに手続き可能な債務整理方法を利用できる可能性が高くなります。

 

専業主婦で借金返済が厳しい状況になってしまって悩んでいるなら当サイトに掲載している債務整理に強い有名弁護士事務所・有名司法書士事務所のランキングが参考になると思います。ランキングの法律事務所は全て無料相談に対応しているので気軽に相談してください。

 

女性債務整理やじるし