債務整理とは

女性債務整理とは

 

女性で借金返済で困る人は多く、最初はちょっとした少額借金だったのに気付いたら返済できないくらい借金が増えてしまい、借金整理のために債務整理を利用するというケースが多いです。

 

特に女性の場合はクレジットカードのリボ払いによる借金が多いように感じます。欲しいものがある場合にクレジットカードを利用して購入するのは普通のことですが、リボ払いで毎月の支払いをしていると、月々の支払いが一定なので借金返済の負担を感じにくいです。

 

しかし返済を一定に抑えられるということによって、借金残高が減っていかないというデメリットがあり、いつの間にか利息がリボ払いの返済額を超えてしまい、気づいたら利息によって借金がどんどん増えていくというケースは多いです。

 

 

他にも奨学金返済ができなくて債務整理するというケースなども増えています。

 

こういった借金問題はそのままにしていても利息が増えていくだけで、どんどん返済が難しい状況になっていきます。こういった問題を解決するための手続き方法が債務整理になります。

 

債務整理には大きく分けて3つの方法があり、あなたの借金状況や収入状況、資産状況によってそれぞれ最適な債務整理方法を選んで手続きしていくことになります。

 

債務整理の代表的な3つの手続き方法

 

任意整理

 

債務整理方法の中で一番利用されている方法が任意整理です。任意整理は裁判所に頼らずに債権者と債務者が直接交渉して借金返済の条件を見直すという債務整理方法で、一番手軽に利用することができる債務整理方法です。

 

借金の減額幅は小さいですが、借金理由は問われず保証人が設定されている借金は除外でき依頼料金が安い債務整理方法なので、利息がなどが免除されて返済条件が軽くなれば返済できるという場合に最適な債務整理方法です。

 

債務整理方法の中でも一番デメリットが小さい債務整理方法なので、借金額がまだそこまで大きくない場合に利用したい債務整理方法です。

 

下記で任意整理のメリットやデメリットについて詳しく解説しているのでよかったら参考にしてください。

 

 

個人再生

 

個人再生は任意整理よりも借金減額幅が大きくなっている債務整理方法で、裁判所で手続きを行う債務整理方法なので、任意整理よりも敷居が高くなっている債務整理方法になります。

 

個人再生は最大で借金が10分の1まで減らせる強力な債務整理方法で、住宅ローン特則を利用すると住宅ローンを残しながら債務整理することができるので、家を残しながら大幅に借金を減らせるという特徴がある債務整理方法になります。

 

また借金理由が問われない債務整理方法なので、借金理由によっては個人再生が一番借金減額幅が大きい債務整理方法になる可能性があります。

 

下記で個人再生のメリットやデメリットについて詳しく解説しているのでよかったら参考にしてください。

 

 

自己破産

 

自己破産は言わずと知れた究極の債務整理方法で、裁判所で免責が認められたら借金返済の必要がなくなるので、実質借金が0円になると言ってもいい債務整理方法になります。

 

非常に強力な債務整理方法ですが、裁判所で手続きする必要があり、借金理由によっては免責が認められないケースもあり、手続き期間中は職業や資格制限もあったりするので色々な制限がある債務整理方法です。

 

また、自己破産すると高額資産が没収されたりするので、持ち家を持っている人は家を出ていくことになったりして、生活環境が変わる可能性があります。しかし莫大な借金があったとしても、自己破産するとチャラになるので十分にメリットの大きな債務整理方法です。

 

下記で自己破産のメリットやデメリットについて詳しく解説しているのでよかったら参考にしてください。

 

 

女性が債務整理を利用する場合には上記の3つの手続き方法から最適な方法を選んでいくことになると思います。

 

債務整理方法にはそれぞれ上記のように色々な特徴があり、メリットやデメリットも債務整理方法によって違ってきたりします。

 

しかし債務整理にはそれぞれ共通するメリットもあるので、ここでは上記の3つの債務整理方法に共通するメリットやデメリットについて解説しようと思います。

女性が債務整理を利用するメリット

女性債務整理メリット

 

女性が債務整理を利用するメリットについてまとめています。

 

債務整理に共通するメリットを下記でまとめてみたので、これから債務整理の利用を検討している場合には参考にしてください。

 

女性が債務整理を利用するメリット

 

借金を減らすことができる

 

債務整理を利用する場合の共通のメリットとしてまず挙げることができるのが「借金を減らせる」ということです。任意整理、個人再生、自己破産と3つの債務整理方法がありますが、どの方法を利用したとしても借金返済の負担は軽くなります。

 

ただそれぞれの債務整理方法では負担の減額割合が大きく違ってきます。具体的には任意整理・個人再生・自己破産という順番に借金返済の負担軽減割合が大きくなると理解しておくといいです。

 

また債務整理をする場合には、実際の手続き前に過払い金も調べてもらうことになるので、もし過払い金があったらその分だけ借金を負担を減らした状況から債務整理することができます。

 

まあ、債務整理は借金減額が目的利用する手続き方法なので、借金が減るのは当たり前ですけどね。

 

しかし債務整理手続きが失敗したら意味がないので、手続きはしっかりと経験豊富な弁護士や司法書士に依頼するようにしましょう。

 

借金の督促をストップしてもらえる

 

どの債務整理方法でも、弁護士や司法書士が債務整理手続きの依頼を受けた場合には、金融業者に受任通知を送ることになり、それ以降は金融業者は債権者に直接アプローチすることはできなくなります。

 

つまり受任通知を送ることによって、弁護士や司法書士がそれ以降の窓口になるので、借金の督促がストップされるということになります。もし金融業者がこの規定を破って、あなたに直接連絡して借金を督促してくるようなら厳しい罰則が科されることになります。

 

そのため弁護士や司法書士に債務整理手続きを依頼すると借金の取り立てがなくなり、精神的にかなり助かります。

 

ちなみに債務整理手続き中は借金返済の必要がないので、その間に生活を立て直すこともできます。債務整理は一番手軽な任意整理でも3カ月くらいは手続きに必要になるので、その間に生活を立て直すといいです。

 

債務整理に共通するメリットは上記の2点になります。

 

債務整理によって借金負担が減るというのは何となく知っていた人も多いかと思いますが、債務整理によって借金の督促がストップするということは知らなかった人も多いのではないでしょうか。

 

ちなみに強制執行されそうな場合には、任意整理では強制執行を止めることはできないので、個人再生や自己破産で止めることになります。

 

ただ基本的にはこのように借金で追い詰められる前に、債務整理手続きを検討しておくといいです。返済が苦しくなったら借金返済の専門家である弁護士や司法書士の無料相談を利用するといいと思います。

女性が債務整理を利用するデメリット

女性債務整理デメリット

 

女性が債務整理を利用するデメリットについて説明しています。

 

債務整理を利用する場合の任意整理・個人再生・自己破産に共通するデメリットなので、事前に確認しておくといいです。デメリットについては、知らないで手続きすると後で後悔する可能性があるので大事です。

 

下記で債務整理に共通するデメリットをまとめたので参考にしてください。

 

女性が債務整理を利用するデメリット

 

クレジットカードやローンを一定期間利用できなくなる

 

債務整理で借金整理すると、クレジットカード会社やローン会社などの金融業者の借金を踏み倒すことになるので、金融情報の間で共有されている信用情報に事故情報として掲載されることになります。つまり金融業者間のデータベースにブラックリストとして掲載されるということです。

 

この金融機関のデータベースは共有されているものなので、債務整理した金融業者とは別のローン会社やクレジットカード会社でも情報が共有されることになるので、サービスは利用できなくなります。

 

こうしてみると、全ての金融機関からはじかれるのではないかと不安に感じる人もいるようですが、あくまで借金やローンなどの借り入れの場合に限られるので、銀行口座が開設できないというようなことはないので安心してください。

 

またこのブラックリストに掲載されるのは一般的に5年から10年くらいの期間限定なので、信用情報機関のブラックリスト期間が過ぎれば、ブラックリストが削除され、普通にローンやクレジットカードを作れるようになります。

 

むしろこういったデメリットによって、クレジットカードや借金に頼らない生活を強制されることになるので、借金体質から脱却するきっかけになると思います。

 

車などを残せない可能性がある

 

車のローンを支払い終わっている場合には、任意整理や個人再生なら車を残すことができます。自己破産の場合には車の価値が20万円を下回るようなら資産価値がないとみなされて残すことができます。

 

しかし車のローンが残っている場合には車を残せない可能性があります。

 

任意整理の場合には車をの越したい場合には車のローンを除外して債務整理することができますが、個人再生や自己破産の場合には車のローンもまとめて債務整理されてしまうので車を取られてしまいます。

 

このように車のローンが残っているかということや、選んだ債務整理方法によっては車を残せない可能性があるので、事前に車を残したいと思っている場合には、手続き前に弁護士や司法書士に相談しておくといいです。

 

保証人に迷惑がかかる可能性がある

 

債務整理対象の借金の中に保証人が設定されている借金がある場合には、金融業者はその保証人に借金返済を求めることになるので、保証人に迷惑がかかる可能性があります。

 

債務整理で一番のネックになるのはこの保証金が設定されている借金をどうするかということだと思います。ただ全ての債務整理方法が保証人に迷惑をかけるというわけでもないです。

 

任意整理は債務整理対象にする借金を選択することができるので、保証人が設定されている借金があれば、その借金を除外することで保証人に迷惑をかけずに債務整理することができます。

 

ただ個人再生や自己破産の場合には債務整理対象にする借金を選ぶことができないので、保証人に迷惑をかけることになります。

 

債務整理したことがバレる可能性がある

 

債務整理したことを知られたくないという人は多いと思います。債務整理をしたということは借金を踏み倒したということになり、その人が借金で困っていたということになるので、お金の問題を抱えているということを知られたくないというのは当然です。

 

ただ弁護士や司法書士などの外部に依頼して法的に手続きすればどうしても知り合いに債務整理がバレる可能性はでてきてしまいます。

 

しかし任意整理の場合は、弁護士や司法書士と金融業者との間で行う債務整理方法なので、依頼する際にあらかじめ秘密裏に手続きを進めてほしいと伝えておけば、家族にも秘密で債務整理手続きすることができます。

 

ただ個人再生や自己破産の場合には国が発行する機関誌である官報に名前などが掲載されてしまうので、官報を見ている人には債務整理をしたことがバレる可能性があります。

 

しかし官報を見てる人ってほとんどいないので多くの場合は知り合いにバレることはないと思います。まあ、個人再生や自己破産のような債務整理の場合には、家族には黙っているより、しっかりと説明した方がいいと思います。

 

債務整理を利用する場合のデメリットは上記のような感じにあります。

 

完全に債務整理方法に共通するデメリットは、クレジットカードやローンが一定期間利用できないというデメリットになります。これは当然と言えば当然のデメリットですよね。

 

債務整理をすれば金融機関などに迷惑をかけることになるので、その制裁措置として一定期間サービスが利用できないというのは当然のことだと思います。

 

一生利用できないというなら重すぎるデメリットですが、数年で利用できるならそこまで大きなデメリットではないと思います。

 

債務整理のデメリットは一生残るようなものはなく、期間限定で発生するデメリットしかないので安心してください。

 

債務整理のデメリットについては、選んだ債務整理方法によって若干違いが出てくるので、実際に手続きをする前に弁護士や司法書士からあらためてデメリットについて確認しておくといいです。

女性が債務整理を利用するなら無料相談から利用しよう!

女性債務整理無料相談

 

女性が債務整理を検討している場合には最初に弁護士や司法書士の無料相談を利用するのが重要になってきます。

 

借金返済で焦っている人は、無料相談を利用せずにいきなり弁護士や司法書士に手続きを依頼する人がいますが、個人的には何の説明も受けずにいきなり債務整理手続きを依頼するのは無謀だと感じます。

 

債務整理は、手続きについては弁護士や司法書士が代行してくれますが、手続きによって発生するデメリットなどを受けるのは当人です。債務整理について詳しい説明を受けず、また他の弁護士や司法書士を比較せずに手続きを依頼すると手続き後に後悔する可能性があります。

 

弁護士や司法書士は通常の法律相談だと相談料を取るのが普通です。しかし借金案件については依頼内容の特性から判断して無料相談を行っている事務所が多いので、これを活用しないのはもったいないです。

 

せっかくの無料サービスを活用せずに債務整理を依頼して後で後悔したらもったいないので、必ず無料相談を利用してから手続きを依頼しましょう。

 

無料相談は弁護士・司法書士選びの重要な材料になる

 

債務整理に関しての弁護士や司法書士への無料相談は単純に債務整理手続きや借金相談に利用するということだけでなく、実際に債務整理手続きを依頼する法律事務所選びの材料にもなります。

 

無料相談で弁護士や司法書士がどのような対応をするのかということは重要で、債務整理に慣れている弁護士や司法書士なら質問にも明確に答えてくれます。逆にたどたどしい場合には債務整理慣れてない可能性があるので注意が必要です。

 

無料相談の対応が良い法律事務所は当然ですが依頼が多いので債務整理手続きの経験が豊富なケースが多いです。債務整理手続きは非常に複雑なので経験が非常に重要になってきます。

 

せっかく弁護士や司法書士に手続きを依頼したのに、経験の浅い弁護士や司法書士に担当されて、手続きが失敗して裁判になったりしたら最悪です。

 

そのため無料相談では担当する弁護士や司法書士の対応はもちろんですが、経験や実績、依頼料金の見積もりなどを出してもらうといいです。

 

債務整理では無料相談を利用して詳しい話を聞いてから手続きを依頼するのが通常の流れですが、最初の法律事務所選びで失敗するとどうしようもないので慎重に選ぶようにしましょう。

 

しかし普通の人は普段から法律事務所にお世話になることはないので、探し方がわからないという人も多いと思います。

 

そこで当サイトでは全国対応で女性専用の借金相談窓口が用意されている債務整理に強い弁護士・司法書士をランキング形式で載せています。

 

ランキングの法律事務所は債務整理経験が豊富なのはもちろんですが、女性の借金問題に強く、無料相談を回数制限なしで利用できる事務所もあるので、相談料を気にせずに何度でも相談できます。

 

債務整理で法律事務所選びで悩んでいるなら下記のページからランキングを参考にして無料相談先を選んでください。

 

女性債務整理やじるし