個人再生を女性が利用するメリットとデメリットのまとめ

個人再生メリットデメリット

 

女性が個人再生を利用する場合にどのようなメリットとデメリットがあるのか知ることは重要です。

 

 

メリットとデメリットがわかればある程度はどのような債務整理方法なのかわかると思うので、個人再生を利用する場合にあらかじめ下記から個人再生のメリットとデメリットを知っておくといいです。

 

個人再生のメリットとデメリット

 

メリット デメリット

・借金の減額幅が大きい
・借金理由を問われない
・家を売却せずに借金を減らすことができる
・職業制限がない

・依頼料金が高い
・裁判所での手続きにも費用が必要
・利用条件が複数ある
・債務整理対象を選ぶことができない

 

個人再生のメリットやデメリットをまとめるとこんな感じになります。

 

デメリットに関しては上記以外にもクレジットカードが一定期間利用できないなどのデメリットがありますが、それは個人再生だけでなく債務整理に共通するデメリットなのでそちらのページをご覧いただけるとわかりやすいです。

 

女性が個人再生を利用するメリット

女性個人再生メリット

 

女性が個人再生を利用するメリットについて説明しています。最近では女性の中にも個人再生を利用する人が増えてきています。

 

元々個人再生はあまり知られてない債務整理方法なので、弁護士から説明を受けて初めてその存在を知ったという人も多い債務整理方法ですが、任意整理と自己破産の中間に位置する利用しやすい債務整理方法なので、どのようなメリットや特徴があるのかしっかりと知っておくといいです。

 

女性が個人再生を利用するメリット

 

借金の減額幅が大きい

 

個人再生は裁判所で手続きを行う債務整理方法なので、任意整理などと違ってあらかじめ借金額によってある程度の借金減額幅が決まっているので、事前にどれくらい借金を減らすことができるのか予測することができます。

 

任意整理と違って個人再生は借金の元本をがっつりと減らすことができ、最大で借金が10分の1まで減らすことができます。かなり大きな借金減額幅ではないでしょうか。

 

そのため借金額が大きい場合でもかなり利用しやすい債務整理方法だと思います。

 

個人再生よりも借金減額幅の大きい債務整理方法は自己破産しかないので、そういった意味でもかなり借金減額幅の大きい債務整理方法だということがわかると思います。

 

借金の理由を問われない

 

個人再生は借金理由が問われないという特徴があり、ギャンブルや浪費、FXや株などの投資による借金でも債務整理することができるので借金理由にこだわらず安心して依頼することができます

 

そういった意味では個人再生は借金理由が問われない債務整理方法の中では一番借金減額幅が大きい債務整理方法と言えると思います。

 

女性の場合だと、ホストクラブ通いなどによる浪費だったり、株やFXなどの投資による借金が多かったりするのですが、こういった借金理由だと債務整理することができないと思いこんでしまい、無理して働いて返済しようとする人が結構多いです。

 

しかし実際には個人再生を利用すればかなりの額の借金を減らすことができ、返済負担も大きく減らすことができます。

 

借金理由を問わずに利用することができる債務整理方法なので、どのような借金理由だったとしてもとりあえず相談を検討する価値はあると思います。

 

家を売却せずに借金を減らすことができる

 

個人再生は裁判所で手続きを行う債務整理方法なので、基本的に債務整理対象にする借金をこちらで選ぶことはできず全ての借金が債務整理対象になりますが、住宅ローン特則を利用すると、住宅ローンを債務整理対象から外すことができます

 

つまり家を売却することなく、それ以外の借金を大きく減らすことができるということです。これって非常に大きなメリットで、莫大な借金があったとしても、家を売却したりして大きく生活環境を変えることなく、借金を減らして返済を続けることができます。

 

特に子供がいる場合だと、借金で家がなくなってしまうことなく、慣れた生活環境をそのままにして借金返済することができます。

 

家をなくして家族に負担をかけることなく、大きく借金を減らすことができるのでかなり大きなメリットだと思います。

 

職業制限がない

 

同じ裁判所で手続きを行う自己破産手続きの場合には、裁判所から免責が出るまでは一部の職業で職業制限がありますが、個人再生の場合は職業制限なく手続きすることができるというメリットがあります。

 

具体的には弁護士や司法書士、税理士や警備員、社会保険労務士行政書士など色々な職業が制限対象になります。ちなみに公務員は制限対象ではないです。

 

自己破産で職業制限に引っかかる人からすると、個人再生が一番強力な債務整理方法になります。

 

女性が個人再生を利用する場合のメリットをまとめること上記のような感じになります。

 

やはり一番のメリットは家を残して借金を整理することができるということだと思います。ちなみに車もローンが払い終わっていれば残すことができます。

 

個人再生は自己破産のように高額資産が全て没収されるということはないので、自己破産ほどのデメリットを背負うことなく大きく借金を減らせることができます。

 

そういった意味では借金減額幅も大きく、デメリットも大きすぎることもないという非常にバランスの良い債務整理方法といえると思います。

女性が個人再生を利用するデメリット

女性個人再生デメリット

 

女性が個人再生を利用する場合にどのようなデメリットがあるのでしょうか。

 

個人再生は借金減額幅が大きく、借金の理由も問われない利用しやすい債務整理方法ですが、いくつかデメリットも存在します。これから個人再生による債務整理方法を検討しているならしっかりとデメリットは知っておくべきだと思います。

 

女性が個人再生を利用するデメリット

 

依頼料金が高額

 

個人再生は裁判所で手続きする債務整理方法なので手続きが非常に複雑で手間がかかります。単純に手続き資料を作成するだけでなく再生計画案なども作る必要があり、期間も数カ月は必要になります。

 

そのため依頼料金は任意整理に比べると結構高額です。依頼料金は弁護士事務所や司法書士事務所によって違ってきますが、大体40万円から60万円くらいだと思っておくといいです。

 

依頼料金は司法書士の方が安いですが、司法書士では裁判所での手続きを行うことができないので、書類作成業務までになります。そのため基本的に個人再生は弁護士に依頼した方がいいです。

 

依頼料金は数十万円くらいしますが、借金減額幅がかなり大きい債務整理方法なので、依頼料金よりも借金減額幅の圧倒的に多くなると思うので手続きする価値は十分にあります。

 

裁判所での手続きにも費用が必要

 

個人再生は裁判所で手続きする債務整理方法ですが、裁判所での手続きにはそれなりの申立手数料などが必要になってきます。申立て費用は裁判所によって若干異なってくるかもしれないですが、基本的に一万円前後くらいだと思います。他にも予納金なども必要になってきます。

 

また、裁判所によっては個人再生委員を選出することになり、その費用が20万円くらい必要になってくる場合があります。ただ地方裁判所で弁護士に手続きを依頼した場合には個人再生委員選出する必要はないのでこの費用は必要ないです。

 

個人再生を弁護士に依頼すべき理由の一つがこの個人再生委員の費用です。単純に依頼料金だけなら司法書士の方が安いですが、司法書士に依頼すると個人再生委員の費用を負担することになるので、総合費用では司法書士の高額になる可能性が高いです。

 

そのため裁判所での手続き費用が安い弁護士に依頼した方が、総合的に費用が安くなるのでお得ということです。

 

利用条件が複数ある

 

個人再生は任意整理のように利用条件が緩い債務整理方法ではなくいくつかの利用条件を満たさないと利用できない債務整理方法になります。

 

具体的には「住宅ローン以外の借金が5000万円未満」「継続的な収入がある」という利用条件があります。まあ、利用条件があると言ってもこれくらいなのでそこまで厳しい条件ではないということがわかると思います。

 

借金5000万円未満なら十分すぎる限度額だと思います。というか5000万円以上の借金がある場合には自己破産してしまった方が良いと個人的には思います。

 

継続的な収入については、個人再生は借金減額幅の大きな債務整理方法ですが、借金が全額なくなるというわけではないので手続き後も払っていく必要があります。

 

そういったことを考えるとある程度安定した収入が必要というのは当然の条件とも言えると思います。

 

債務整理対象の借金を選ぶことができない

 

個人再生は任意整理のように債務整理の対象にする借金を選択することはできず、基本的に全ての借金が債務整理対象になります。そのためローンを払っているものがあったとしたら、そのローンも踏み倒すことになるので、品物が没収されることになります。

 

ただ住宅ローンを特則を利用すれば住宅ローンは債務整理対象から除外することができ残すことができます。

 

しかし住宅ローン以外の借金に関しては、連帯保証人が設定されている借金も含めて債務整理されてしまうので、保証人付きの借金がある場合には注意が必要です。

 

保証人が設定されている債務がある場合には、個人再生前に保証人に話して理解を得ないと後にトラブルになる可能性がるので、しっかりと把握して伝えておきましょう。

 

個人再生のデメリットについては費用面に関するデメリットが多かったような感じがしますが、借金減額幅が非常に大きな債務整理方法なので仕方ないと思います。

 

40万、50万くらいの費用は必要になりますが、個人再生で整理すればその数倍以上の額の借金を減らせることができるので、そこまで問題にはならないと思います。

 

実際に個人再生を利用した方がいいかについては、弁護士の無料相談を利用して話を聞いてから判断するといいと思います。

女性が個人再生を利用するなら弁護士の無料相談を利用しよう!

女性個人再生無料相談

 

女性が個人再生を利用する場合には弁護士事務所の無料相談を利用するといいです。

 

上記でも説明していますが、個人再生に関しては司法書士だと手続きを書類作成業務までで個人再生委員を付ける付ける必要があり、手続きが中途半端になるだけでなく個人再生委員の費用も捻出する必要があるので不利です。

 

そのため個人再生をありきで債務整理を考えているなら最初から司法書士は除外して弁護士の無料相談を利用した方がいいです。

 

個人再生手続きでは経験豊富な弁護士を基準に選ぼう

 

個人再生は依頼料金が高額なので、できるだけ費用の安い弁護士に手続きを依頼したいと思っている人が多いですが、個人再生は失敗する可能性のある債務整理方法だということを忘れてはダメです。

 

個人再生って手続きが非常に複雑で時間のかかる債務整理方法です。さらに一般的に良く行われている小規模個人再生では再生計画案を債権者に了承してもらわないと手続きが進まないという難しさがあります。

 

手続きを失敗すると別の債務整理方法を利用せざる得なくなったりして面倒なことになるので、とにかく手続きを失敗しない経験豊富な弁護士に依頼することが重要です。

 

実際に依頼料金の安い地元の弁護士に個人再生を依頼して、結局手続きを失敗されて、他の法律事務所に手続きを依頼することになり余計な費用がかかってしまったというケースはあります。

 

安い事務所を利用するのは悪いことはないですが、しっかりと経験や実績などを調べて、それから費用が安いかどうかを調べていった方がいいと思います。

 

法律事務所の実績はホームページを見て調べるといいです。債務整理に力を入れている事務所なら相談実績をホームページで宣伝していることが多いので、そういった事務所を利用するといいです。

 

また借金相談専用のホームページを用意していて、無料相談利用しやすいような環境を整えているような弁護士事務所の無料相談を利用すると当たりの可能性が高いです。

 

実際に個人再生を依頼するかどうかはしっかりと無料相談を利用して、本当に依頼しても大丈夫な事務所なのか見極めてから依頼するようにしましょう。

 

また複数の弁護士事務所を比較して検討したい場合には、無料相談で個人再生の料金見積もりを出してもらうと比較しやすいと思います。

 

もし、弁護士事務所選びで困っているなら、当サイトのランキングで紹介している弁護士事務所に相談してみるといいと思います。

 

当サイトのランキングに載せている弁護士事務所は女性専用の相談窓口を設置していたり、女性が借金相談しやすい環境を整えている事務所ばかりで、個人再生にも慣れているのでオススメです。詳細は下記からご覧ください。

 

女性個人再生やじるし