女性が過払い金返還請求する場合のメリット

女性過払い金メリット

 

過払い金返還請求を女性が行う場合にどのようなメリットがあるのか説明しています。

 

過払い金返還請求は払いすぎた利息が帰ってくるという手続き方法で、過去にグレーゾーン金利でお金を借りていた場合には過払い金が発生している可能性があり、請求すれば払いすぎた利息が帰ってきます。

 

過払い金に関してはテレビCMで一時期非常に沢山宣伝されていたので名前くらいは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

ここでは過払い金のメリットとデメリットについて説明しているので、これから過払い金返還請求を利用しようと思っているなら参考になると思います。

 

女性が過払い金返還請求する場合のメリット

 

払いすぎた利息が戻ってくる

 

過払い金の一番大きなメリットは払いすぎた利息が戻ってくるということです。

 

借金しているこちらとして金融業者からお金が戻ってくるというのは非常にありがたいとことで、この戻ってきたお金で借金返済を進めることもできるので大きなメリットです。

 

ただどれくらいの過払い金が発生しているかということは、金融業者の利率や借入期間によって違ってくるので一概にどれくらいの金額が戻ってくるかは人によって違ってきます

 

また借金している人が全員過払い金が発生しているわけではないので、自分にも過払い金が発生しているかということについては、弁護士や司法書士事務所の無料相談を利用して過払い金があるか調べてもらうといいと思います。

 

借金を完済でき手元にお金が戻ってくる可能性がある

 

過払い金は人によって戻ってくる金額が変わってきますが、人によってはグレーゾーン金利でも借金返済期間が長くなっていた場合に、どんでもない過払い金額が戻ってくる可能性があります。

 

そのため借金を払えなくて債務整理手続きを法律事務所に相談したら、過払い金があり、調べると借金を完済してさらに手元にお金が戻ってくるくらいの金額になっていたというケースもあります。

 

また過払い金は借金返済中にも請求することができるのはもちろんですが、借金を完済したとでも過払い金を請求することができるので、過去に借金をしていた経験がある方は過払い金を調べてもらうといいです。

 

近年では女性が利用しやすいように匿名での無料相談が可能な弁護士事務所や司法書士事務所も増えてきているので、そういった事務所を利用すると相談しやすいのではないでしょうか。

 

過払い金返還請求ではブラックリストに載らない場合もある

 

以前は過払い金返還請求をすると金融業者の信用情報に「契約見直し」などという感じで信用情報機関にブラックリストとして掲載されてしまっていた時期があったのですが、そもそも過払い金って借金を減らしてもらうための手続きではないですよね。

 

過払い金返還請求はあくまでも払いすぎた利息を返してもらうという当然の権利です。つまり債務整理とは違ってこちらに落ち度はないということになります。

 

こういった背景から金融庁が過払い金請求で信用情報機関にブラックリストとして登録するのは適切でないという見解を示して、現在では過払い金返還請求をしてもブラックリストに掲載されないです。

 

ただ借金返済中に過払い金返還請求をすると、残った借金について債務整理する場合が多いので、そういった場合には信用情報がブラックリストに掲載される可能性があります。

 

完済した後の借金を過払い金する場合ならブラックリストに掲載されることもなくデメリットもないので是非請求した方がいいです。

 

過払い金返還請求は債務整理手続きと比べて弁護士や司法書士への依頼料金も安く、請求者にメリットの大きい手続き方法です。

 

借金がある人だけでなく、借金を完済した人でも手続きすることができる方法なので、過去に借金したことがある人全員が対象になってきます。

 

人によってはとんでもない金額の過払い金がある可能性があるので、調べてもらうだけでも価値があります

 

実際に過去に1000万円を超える過払い金があったというケースもあり、場合によってはかなりの額が戻ってくることもあります。

女性が過払い金返還請求する場合のデメリット

女性過払い金デメリット

 

過払い金返還請求は上記のようにメリットの大きい手続き方法ですが、まったくデメリットがないというわけではないです。

 

過払い金返還請求にもいくつかのデメリットがあるのでしっかりと確認しておきましょう。

 

女性が過払い金返還請求する場合のデメリット

 

過払い金には期限がある

 

過払い金返還請求には期限があることを見逃している人は多いです。

 

借金を返済している最中という場合には返済が続いている限りは時効がないですが、滞納中の場合は最後に取引した日の翌日から10年間が期限になります。

 

また借金を完済した場合には完済した日の翌日から10年間が期限になります。そのため過去に借金したことがあるという人はできるだけ早めに過払い金があるのか調べてもらう必要があります。

 

あまりに時間経過しすぎていると過払い金があっても請求することができなくなってしまう可能性があるので非常にもったいないです。

 

過払い金があるかどうかを調べるだけなら弁護士や司法書士が無料で行ってくれるので活用しましょう。

 

過払い金請求した業者から借入できなくなる

 

完済した後でも過払い金返還請求は可能で、その際には信用情報がブラックリストに掲載されることなく過払い金返還請求が可能ですが、金融業者によっては過払い金返還請求をしたことで「社内ブラック」という社内だけでのブラックリストに掲載される可能性があります。

 

そのため完済後でも、過払い金返還請求をした金融業者からはお金が借りられなくなる可能性があります。

 

とは言っても、他の金融機関からは普通にお金を借りることができるので、そこまで大きなデメリットではないです。またある程度の期間が過ぎればまた借り入れが可能になる可能性もあります。

 

ただ社内ブラックについては、そうった制度があるのかどうかは会社の人しかわからないので必ずお金が借りられないとは限りません。あくまでも借りられなくなる可能性があるくらいに思っておきましょう。

 

金融業者の破たんで過払い金請求できない場合がある

 

過払い金があれば無条件で過払い金を返還してもらえると思っている人も多いかと思いますが、返還してもらえるのはあくまでも返還対象になっている金融機関が残っていればという話です。

 

つまり、請求先である金融機関が破たんしてしまっていた場合には請求先がなくなってしまっているということになるので、過払い金が戻ってくることはないです。

 

過払い金返還請求が盛んだった時期には多くの金融業者が過払い金請求によって経営危機を迎えたということもあり、中小の金融業者の中には過払い金の影響で破たんしてしまったところも少なくないです。

 

そのため金融機関が破たんする前に過払い金を取り戻すという「過払い金競争」のようなものもあり、もしかしたらあなたが借りていた金融業者もすでに破たんしている可能性があります。

 

まあ、このあたりも弁護士や司法書士に無料相談を利用して相談してみるといいと思います。

 

過払い金の額が大きいと裁判になる可能性がある

 

過払い金の金額は利率や借りた金額、返済期間などによって変わってきますが、人によっては1000万円を超える過払い金が発生しているようなケースもあります。

 

数十万円くらいの過払い金なら金融業者も素直に返還してくれると思いますが、数百万円以上の過払い金になってくると金融業者の負担も大きいので、裁判を起こして少しでも過払い金の和解額を小さくしようとしてきます。

 

まあ、金融業者としても返還する過払い金額が大きすぎると会社経営に影響が出てくるので無理もないですけどね。

 

そのため過払い金の金額が大きい場合には、できるだけ経験豊富な有名弁護士事務所や、有名司法書士事務所に相談するといいです。

 

ヤミ金からの過払い金請求は難しい

 

過払い金はグレーゾーン金利という違法金利による利息の払いすぎを返してもらうという手続き方法なので、ヤミ金などの違法金利が当たり前の金融業者からも請求できるのではないかと思っている人もいると思います。

 

ただヤミ金についてはそもそも自分たちの違法性を知っているので、所在地がわからず行政に賃金業務の所在地の登録をしてないので、そもそも探すこと自体が困難です。

 

またこういったヤミ金業者が過払い金請求に応じて利息を戻すということは考えにくく、裁判に訴えたとしてもヤミ金業者が出廷する可能性は低く、そのまま雲隠れする可能性が高いです。

 

そのためヤミ金業者への請求については受任する法律事務所は少ないです。まあ、手間が非常にかかり過払い金を得られる可能性が小さいのだから当然と言えば当然ですよね。

 

ヤミ金に関しては専門の業者に対応をお願いした方がいいと思います。

 

過払い金返還請求に関するデメリットはこんな感じになります。

 

過払い金は時効や金融業者の破たんによって請求できないことがあるので、こういった事態を避けるためにもできるだけ早めに調べて請求した方がいいと思います。

 

現在は多くの法律事務所で過払い金を無料で調べてくれるので、無料相談を利用して過払い金請求を検討するといいです。

過払い金返還請求は自分で手続きするのは難しい

女性過払い金自分で手続き

 

過払い金返還請求は自分で請求することも可能です。

 

過払い金に関しては過去の取引履歴を取り寄せて、過払い金を計算して貸金業者に過払い金を請求することになります。

 

過払い金の金額が小さい場合には自分で手続きしてもスムーズに手続きが進む可能性がありますが、過払い金額が大きい場合には返還交渉に時間がかかり、場合によっては貸金業者が裁判を起こす可能性もあります。

 

まあ、裁判になっても最高裁の判例があるので負けることはないと思いますが、こちらとしては裁判のために時間や弁護士などの費用が必要になってくるので負担が大きく面倒です。

 

また裁判にならない場合でも、こういった過払い金の和解交渉は金融業者の方が慣れているので、個人で交渉すると、満額で過払い金が帰ってくる可能性は小さくなります

 

実際に素人相手だと強気に交渉している金融業者も多く、何の交渉経験もないこちらは委縮してしまって満足の行く結果が出る可能性は小さいです。

 

さらに過払い金の交渉をしていくと、どうしても書類上のやり取りが多くなってくるので、自宅に書類が送られてきて、家族に借金問題があることを知られてしまう可能性もあります。

 

過払い金の金額が小さいなら自分でやってもいいと思いますが、手続きの手間を考えると、自分で頑張って手続きしてまで欲しい金額かどうかということも考える必要があります。

 

過払い金がある程度高額な場合には、金融業者も気合を入れて交渉してくるので、自分で手続きは行わずに、過払い金手続きに強い弁護士や司法書士に手続きを依頼するといいと思います。

女性が過払い金返還請求するなら法律事務所に相談しよう!

女性過払い金無料相談

 

女性が過払い金請求を自分で行う場合には、相手の金融業者の男性に交渉の際にかなりプレッシャーをかけられると思うので、女性が自分で過払い金請求手続きを行うのはあまりオススメできないです。

 

ある程度の金額の過払い金があるなら間違いなく弁護士や司法書士に手続きを依頼した方がいいです。その方が戻ってくる過払い金額は大きくなると思います。

 

過払い金返還請求を弁護士や司法書士に依頼することをためらう人の多くは、依頼料金が高額ではないかという不安からではないでしょうか。

 

過払い金費用は思ったよりも高くない

 

過払い金返還請求の弁護士や司法書士への依頼料金を高額だと思いこんでいる人は多いですが、実際には思ったよりも安いと感じる人が多いと思います。

 

近年は最高裁の判決で過払い金が認められたという背景があるので、過払い金請求をする人が多くなってきて、弁護士や司法書士の間で価格競争が発生して、その結果、依頼料金が安くなっています。

 

依頼料金が不安な場合は、事前に無料相談を利用して依頼料金の見積もりを出してもらうといいと思います。

 

過払い金返還請求は金融業者との交渉で和解条件や戻ってくる金額が変わってくる手続き方法なので、誰が交渉するかによって大きく結果が変わってきます

 

弁護士事務所や司法書士事務所には過払い金返還請求に対応している事務所は多いですが、事務所によってはあまり金融業者との交渉に慣れてないところもあります。

 

こういった過払い金に慣れてない法律事務所に依頼すると、交渉を失敗されてしまい満足の行く結果がでなかったり裁判になってしまう可能性があります。

 

そのため過払い金に関してはできるだけ債務整理手続きに強い法律事務所を選ぶのが大事になってきます。

 

当サイトのランキングに掲載している有名弁護士事務所や有名司法書士事務所は無料相談を行っていて、過払い金も無料で調べてくれるので利用しやすいと思います。相談先で悩んでいるならランキングの法律事務所の無料相談をまずは利用するといいです。

 

女性過払い金請求やじるし